絶対無
EggsID:0459900917
7
3

1983年の結成以来、『和』とロックの融合をコンセプトとして、オルタナ、サイケ、プログレ等に日本風の空間や旋律の展開をサラリとミックスさせた無国籍的サウンドを独創的に展開。 1stアルバムは、ロック評論家の渋谷陽一氏に「日本の土着ロックを目指すユニークなグループ」と評される。 2ndアルバムは欧米で先行リリースし高い評価を受け、いくつかの米国レーベルのコンピCDにも参加。国内ではWAVE(渋谷店)など有名インディーズ取扱店で店の推薦盤となり、意外にも若い世代にも評価を得る。 2000年、新メンバーを集め、11年ぶりに都内、関西などでライヴ活動を再開。佐野史郎(俳優)さんのバンド、「割礼」など有名インディーズバンドと共演。 2001年、インターネットを通じてバンドサウンドに興味を抱いたアメリカのプロモーターが「絶対無」のライヴに訪れ、バンドのサウンド、コンセプトに惚れ込み、全米でのCDデビュー、全米ツアー、ヨーロッパツアーなどのオファーを受ける。翌年、同プロモーターとレコーディングなどに関する3年契約を結び、約2ヶ月間、氏の経済的全額サポートでロスを中心とした西海岸ツアー。しかし、ツアー中のトラブルにより、契約を破棄。 2003年、サードアルバム 『What Can I Do』をリリース。翌年、収録曲が国内コンピCDに選出される。 2005年、4枚目のアルバム 『花魁/Oiran』をリリース。翌年、収録曲が海外レーベルのコンピCDに選出される。 2007年、フランスのレーベル「MUSEA」と日本のレーベル「POSEIDON」との共同リリースによる5枚目のアルバム「MIROQUE」(弥勒)を発売。アメリカで先行リリース記念ツアー後、3月には国内でツアー。 2009年1月、エルトン・ジョン, レッド・ツェッペリン など、数々の世界的に有名なアーティストを手がけた英国のプロデューサ STUART EPPS から 絶対無に突然のコンタクト。 絶対無とのコラボに非常に興味をもつ。 2009年5月、米国マドンナのプロデューサ Andre Betts から 絶対無に突然のコンタクト。米国ポップシーンで絶対無のリミックスをリリースし、今までにない世界で全く新しいものを共作

more

楽曲リスト

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約および個人情報の取り扱いを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

or

IDまたはメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or