歌詞

作詞:さかいたつみ

作曲:さかいたつみ

赤く揺れるその目はまだ 彼に言わなきゃいけないことがあると 白いゲージを飛び出して 暗く寒い街の中へと消えていた 頭の中問いだした当たり前に君は僕に 特別な感情はなかった夜を越えて分かった 近づくこともなかった今までの自分は何だった ただ悲しくなるだけ 枯れていたユリの花と いつからか間を埋め合う二人の話 赤く揺れるこの目はまだ 君に言わなきゃいけないことがあると ドアを開けるその手はまだ ひどく震えていたことを覚えている 一段飛ばし変わらぬ癖も その先で早くと急かすその声も 怒った顔も晴れた泣き顔も寝息もすべて ねぇまだ覚えてるよ 許せないほどに ロックンロールを 僕は歌っていつまでもこうやって 高く儚く散る夢を見たかった 淡い身分違いの恋は コップの割れる音と一緒に死んだ 最後まで分かってたよ

アーティスト情報

東京発4ピースロックバンド Vo.たつみ Gt. ヒビキ Ba . りっきー Dr.りっくん

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or