親鳥の留守に

麻生導洋
0
0

歌詞

作詞:麻生導洋

作曲:麻生導洋

巣の淵に立つスイマー 雲居にこの身を捧げる 乳臭さは正当性を帯びながら この眺め、隅々まで満ちていく 親鳥の留守に気付いた雛は空と一体となる甘美を知る前に、染色体が羽ばたけと号令を出す 空中から遠くに水車が回るのが見える 昨夜の土砂降りが忘れられず、青空の下、激しく唸りをあげて 今になり去来するあなたの問いへの再考を車輪が強制する 【答えろ】 「止まれ!」 【回れ回れ、思い知るんだ】 「止まれ!」 【回れ回れ回れ】 親鳥の留守に気付いた雛は歌う 「僕はあなたを蔑んでる、その理由をも問い返してしまうあなただから」 暇乞いのワーグナー 壮途のツェッペリン 郷愁に撃ち落とされる

アーティスト情報

あふれる涙を隠す為 どしゃ降りの雨に打たれながら頭を刈ることも 男にはあるだろう

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or