ふたりの雨

HANA
3
0

歌詞

作詞:HANA

作曲:HANA

私をそっと抱きしめて その胸に抱きしめて つめたい雨の雫が ふたりに落ちてきても 私はただ そばにいるから うららかな夕日に 小さくなる 手を振るあなたを 見つめていたら 忘れな草が道端に咲いて ふたりに向かって 微笑んでいた あなたは優しい人 昇らない陽なんてないのに 壊れていくのが怖くて 眠れない夜は 私をそっと抱きしめて その胸に抱きしめて つめたい雨の雫が ふたりに落ちてきても 私はただ そばにいるから 小さい頃に見た ラムネのガラス玉 綺麗で儚くて悲しかったと あなたは話した ほんの少しの雲が 差し込んだ気がしていた 流れる電車のように 過ぎ去っていく日々からも どんな時も明日も今も 守ってあげる 大丈夫 あなたをそっと抱きしめる この胸に抱きしめる 悲しみに塗れた涙が ふたりに流れても 私はただ そばにいるから 私をそっと抱きしめて その胸に抱きしめて つめたい雨の雫が ふたりに落ちてきても 私はただ そばにいるから 私をそっと抱きしめて

アーティスト情報

20歳。猫としましまが好きです。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or