歌詞

作詞:上川萌

作曲:新村光生

自転車を漕いで海へ向かう この街の港を超えてったところ 入道雲に僕の白いスニーカーが 引きよせられるように回りだす 夏へ走り出すこの季節 一瞬の走馬灯を見る 心が先走って 僕は追いかけはじめる 逸った気持ちをコーラで流す ひと時は港の猫と戯れる 堤防の奥から聴こえてくる唸りに もう待てないよと坂道下る 夏へ走り出すこの季節 一片の蜃気楼を見る 今まで見たことのなかった 景色を思い出す めまぐるしく表情変える深いブルーに 僕の鼓動がシンクロして離れないまま いちばん高いとこに上った太陽が 360°から照らしつける 夏へ走り出すこの季節 一面に広がった青は 空から足元まで全部 新しい さざめく 波音 流れる 僕の汗も 潮風に吹かれたら 夏へ走り出す

アーティスト情報

キュートでシックな国産ポップユニット!JANOMETONES-ジャノメトーンズ- 福岡を拠点に様々な媒体で活動中。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or