Texas Hold 'em (aka. Short Funk Short Blues Jam)

Ladbreaks
0
0

楽曲解説

ライブ配信を行ったリハーサル・打ち合わせ一切なしの一発録り長尺セッションからのハイライト。 軽やかなビートと緊張感のあるブレークを行き交うことで高まったテンションは最終的にシャッフルの洪水として決壊します。なだれ込む”マナー”にのっとったサウンドを持ったこのナンバーはポーカー愛好家でもあるKeys:Yoshio Nikahoによって「Texas Hold 'em」と名付けられました。

アーティスト情報

Bass.Ryota Saito Drums.Kazuya Oi Keys.Yoshio Nikaho Guitar.Takumi Yoshida

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or