歌詞

作詞:椎崎楓馬

作曲:浪漫派マシュマロ

春の夜明けに 君を見つけて 夜の空気が 肺を満たした 夏の夜更けに 君と出会って 夕日の赤が 胸を焼いてた 君の瞳を覗く度に 恋はひとえに紅く染まって 「月が綺麗」だなんて言う君が 好きだった 君は 癒えない傷を背負ってた 言えない嘘を纏ってた ぶり返す痛みを 忘れるように 君を見つめてた 僕は 見えない明日に祈ってた 消えない過去を呪ってた 振り返る意味を 探すより 君に会いたかった 秋の夕べに 君と繋がって 朝の冷気が 目を曇らせた 冬の目覚めに 君を失って 明けの薫りが 僕を消し去った 君の胸に触れる度に なぜか僕が無力に感じた 「それじゃ またね」と手を振る君が 好きだった 泣けない僕が嫌だった 飾らない君が好きだった 今更君を 歌ってもさ 仕方ないのにな 僕も 癒えない傷を背負ってた 言えない嘘を纏ってた ぶり返す痛みを 忘れるように 君を見つめてた 君も 見えない明日に祈ってた 消えない過去を呪ってた 振り返る意味を 探してる 君が好きだったんだ

アーティスト情報

北海道釧路市発日本語スリーピースロックバンド

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or