ROSE

SATOLABO
0
0

楽曲解説

ちょっとロックバラードみたいな曲

歌詞

作詞:satoshi

作曲:satoshi

あぁ今はもどかしい だけの季節を過ごしてる  あぁいつか  見た様な君の街へ出掛けよう    なんで、ずっと  黙っているの  なんかきっと  訳があると   そっと泣いた  君の目に  スッと刺した光を見た この世界の、未来を  待ち侘びていると  君次第の願いも  形になっていく    語種になる?  僕のストーリーじゃもう  笑い話だろ    あぁ君の目の前に  現れた絶大な正義は  あぁいとも簡単に  無感情でベクトルを変えていく    なんて、ずっと  わかってたから  もっと、ずっと  惨めな様を  意外と嫉妬   してるみたいだ  そっとそっと  しといてくれよ この時代の衒いを  憂いているだけで   まだ違いを見たいと  叫んでみるけど    語種になる  君の素敵さには そう 花の名を送る

アーティスト情報

vo.kaoryと  composer.satoshi でやってます  ゆるーく。真面目に。  やってきますね

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or