限りなく君を呼んでいる

canadei
1
0

楽曲解説

春のうららかな昼さがりに、ふとうたた寝したくなるような導入部。 アクロバティックな展開とはいかないまでも、最後までアルペジギターオオンリーのメロディーだが聴き手を飽きさせない。 なにか物足りなさを感じさせつつも、抑揚があり、それがひとりの範疇で完結もできる清々しささえも聴いてとれる。 どちらかと言えば、春から夏にかけての、梅雨入りの時季を予感させる。 紫陽花が雨の雫を葉の上で転がしてるような効果は、深く響くリバーブによるところが大きい。 このサウンドエフェクトは、水の透明感を裏表のない心象風景で表しているようでもあり、カナデアイの純粋志向に合致している。 カナデアイは、ソングライターとしてソロ活動をメインにしているオルタナティブアーティストとしての強みを最大限に活かそうと、様々な試みで彩りを添えてくる。 マルチではあるが、謙虚である。その音作りが彼の真摯な姿勢を旋律に込めさせているから、如何ようにも聴き手は想像をはたらかすことが可能だ。聴き手にやさしい音楽に耳を傾けてみたくなるのは、人本来の感情のゆらぎと密接に関連しているのだろう。

歌詞

作詞:canadei

作曲:canadei

限りなく君を呼んでいる 春というキャンバスに彩られて 誰もが心を躍らせて あふれ出る生命の恵みを受けて 藍色の大空に飛ばした 紙飛行機の羽に 僕はとび乗って 見たことのない世界に 旅をしてみたくなる 風を便りに君を見つけた 甘い花の匂いに 恋を知ってしまった 頬を赤く染めて 限りなく君を呼んで 僕のすべては君だけで 何気ない君の言葉で 僕は幸せです 限りある僕らの生命を 大切に抱きしめあって 未来を包み行く 希望になろう 限りなく君を呼んで 僕のすべては君だけで 何気ない君の微笑で 僕は幸せです 恥じらいもなく君のそばで 僕はただ愛しくて 永遠に 守り続けていくよ いついつまでも 守り続けていくからね いついつまでも…

アーティスト情報

canadei/カナデアイ はTokyoを拠点に音楽を発信するシンガーソングラター。ファルセットを多用し中性的な歌声も魅力的である。作曲、作詞、編曲、アレンジ、楽曲演奏、vocal、guitar、bass、mixing mastering等を行う。 映画の主題歌、挿入歌、CMソング等にも携わる。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or