後悔の日曜日

forestpark
0
0

歌詞

作詞:forestpark

作曲:forestpark

後悔の日曜日 / forestpark (1verse) また鏡越しに日が灯る 眠たまなこに囀りが届く 上京してから何度目の朝 昨日の記憶を辿れどまだ 夢と現実の狭間で 温い布団につかるよ肩まで 彼方で聴こえるパパ呼ぶ声 味噌汁の香り漂う方へ 吊られる鼻と誘惑の罠 汚いヨダレで汁だくのカバー がまた誘う 僕はピーターパン それとも甲賀の忍者か なんにだってなれる 一瞬見たような陽すら褪せる そんな僕の顔踏むのどなたです? 気づけばアッコにおまかせ ☆(fook) ジンジャエールで二日酔いの Sunday morning 眠た眼こすり 言い換えれば太陽の光 知らんぷり ah 後悔の日曜日 (2verse) 宇田川でグダまくパイセン リピートされるフレーズ シラフの僕 脳内逆再生 雰囲気だけでヨッテルぶってる スルーした終電 今日もオールです 7インチの温もりに抱かれて 五感で感じ feel so good 眠れない夜は君のせいだね 朝方やけに染みる 「aiwana」愛かな ☆(fook) ジンジャエールで二日酔いの Sunday morning 眠た眼こすり 言い換えれば太陽の光 知らんぷり ah 後悔の日曜日 (3vars) お布団越しに照らす太陽がサンサン 語りかけてくる調子どうよ?って ご機嫌よう僕脳内 遊び放題 小鳥ピヨピヨ くるくるパーマの中でもう一眠り 目覚めの悪さは酒か夢か 暮れ待つ目はどこか冷たく 過ぎ去る時と今が触れ合う 胸熱と思った会話だけを留める 何処へ向かう?時計の針は 動かぬ身体は模型と化した 囚われの価値観に覚えた怖さ そんな後悔の日曜の朝 ジンジャエールで二日酔いの Sunday morning 眠た眼こすり

アーティスト情報

静岡県出身の1mc〈太呂〉、1singer〈AKIRA〉による音楽ユニット「forestpark」。 プロデューサーはDJShinsuke(ex.JABBERLOOP)。 2019年より東京に拠点を移し活動。 「歌詞は人間力。地声は原石。lifestyleから溢れる言葉が纏う等身大の音色」 日本語で横揺れを推奨。 「Lifestyleから溢れる言葉が纏う等身大の音色」を奏でる彼らの音楽は心地よさだけでなく新たな視点を促し、耳元の幸せのみならず瞳の奥の輝きすらも彩る。 2020年5月18日から24日までの1週間、計12コンテンツを公開する「forestpark week」を開催。 2020年7月から8月にかけては、7週連続シングルリリースを敢行。 音楽リリースに加えMVやジャケット、HP制作も自ら行うなど、音楽のみならずクリエイティブな活動すべてを飲み込もうとする彼らの活動に目が離せない。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or