飛行遺書

白菜憑ノ巫女
0
0

楽曲解説

空を飛ぶことについて。

歌詞

作詞:白菜憑ノ巫女

作曲:白菜憑ノ巫女

町の中に溶ける建築には歴史流れる空気 風化しない遺志 僕らの先には夕暮れ色の石 光源を辿って宇宙へ飛ぶ意志 まっすぐ飛んでる飛行船 意味のない時間も包んでいく もうすぐ飛んでいくからね 日々の合間を縫って 緑道の片隅 虫の音が耳に届いて陽が落ちる なんだか笑われてるみたい まっすぐ飛んでる飛行船 意味のある時間を作っていく もうすぐ飛んでいくからね 木々のある道抜けて まっすぐ もうすぐ 駆けて 飛んでいくよ まっすぐ もうすぐ 飛ぶよ またいつかね

アーティスト情報

神奈川県横浜市出身19歳男性シンガーソングライター。 文学的な歌詞と熱のこもった声が特徴。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or