時雨
EggsID:kai_needkgb
33
324

シンガーソングライター。 生きていてくれて、そこにいてくれて、ありがとう。 どうか、本当に笑えるその日まで死なないでください。 君の消えない傷に花束を。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ある日、あの子が泣いていました。 「私はもう生きていたくないの」と、泣いていました。 ​ 泣いて、泣いて、やがてその涙は雨に変わり、あの子に強く打ちつけました。 悲しみの雨の中、傘もささずに佇んで泣いていたあの子を見て、 私は、自分の持っていた傘をさしました。 ​ あの子がどんな子かも、名前すら知らなかった。 ​ それでも、放っておけなかったのです。 ​ 私は、曲を書きました。歌をうたいました。 ​ いつか、それが、あの子の傘になることを信じて。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

more

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約および個人情報の取り扱いを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or