ウエストタウン

LIZARDMAN FAT
1
0

歌詞

作詞:佐藤 涼也

作曲:佐藤 涼也

17時の鐘が鳴る頃には 泥まみれで 籠の中の虫の名前を 考えていた 覚えたばかりの言葉で 手紙を書いた 宛名は無いけど 届く気がしてた 時間なんて経たないで このまま続けばいいのに 悲しそうにでも嬉しそうに 笑うその顔が好きだった 終わらない命が無いように この町もやがて無くなるのだろう いつかその日がやってくるまで できるだけ笑って過ごしたいな 変わらない想いがあるように この歌をいつまでも歌えたら これまでの苦い日々も 報われるかな 間違って失ったモノ すれ違って忘れた人 昨日までの景色の中に 残ってくれてるだろうか

アーティスト情報

2015年結成。 長崎県長崎市を拠点に活動中の4ピース日本詞ロックバンド。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or