楽曲解説

全部俺(ドラム打ち込み) 夏の熱気が籠った部屋で、ぼくは生きるのをやめた 中高から書き溜めたメロディと歌詞をサルベージ、今なら形にできる 自殺というテーマに憧れてた頃です、しっかり中二病 ボカロがすきでめちゃめちゃ聴いてたのですが、ウミユリ海底譚とか満身創痍ダブルピースみたいな雰囲気の曲を作りたいと思ってた記憶があります

歌詞

作詞:あたし

作曲:あたし

蒸す、失す、一人の部屋 扉の向こうに迫った波 夏、陰、吸い込まれて 灰色と静かに夢を見た 空に舞い上がった君の手を 背負った太陽が眩しくて 掴み損ねた僕の足を 黒の中に、海の底に、引っ張る海月の腕を絶って 暗すぎて淡い夜も 目を背けた現実も 腐った汚物に群がっては鯨の屍肉を貪っただけ もう 青い空を見ることもない 痛みを感じることもない 誰かの背中を追うことだってもうないから 五月蝿く僕を笑って 遠ざかって行ったあの記憶もどうか消えてくれますよに 飽く、吐く 、独りの部屋 息のできない言葉の波 空、雲、目が覚めたら 灰色に溶けてしまいそうだ 狭い水槽に閉じこもって 荒んだ人の目に溺れては 打ち上げられた頭の中 滑るように、時化るように、カサゴの背鰭に誘われたの 滲んだ水平線 境目がなくなってく 泡沫に奏でるオーケストラ 崩れた感傷が振るコンダクト もう 涙に濡れる夜はこない 憂鬱が愚図る朝はこない 誰かに嫌われることだってもうないから 教室で僕を蔑んで 突き放した手の感触だけはずっと忘れませんように 吊られた世界 壊れた未来 歪んだ視界に 巫山戯たみたい

アーティスト情報

あたし ずっと独りでいい 続けたいだけ だから

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or