楽曲解説

佐賀県のバンド、エンガワイワシのオリジナルソング

歌詞

作詞:大石凌世

作曲:大石凌世

曇り夜空を見上げて言う 「これまでの時間が嘘みたいだね」と 霞んでいく昔の面影 報われるかどうかは分からないけど 煽られて流されて行き場のないこの景色 朧げに目に映る涙顔 深い森に潜む花を夢見て立ち上がる 沈む街並みを背中に僕は夜を駆ける 最後まで言い出せずに 忘れようとした些細な言葉もある 一人の夜眠れなくて 夢の続きを無我夢中で描いてた 「嘘つき」と言われても揺るがないこの奇跡 あどけなく笑う君の白い素肌 叫びたいのにこの声は雨に搔き消される 抜け殻の胸に漂う澄んだ春のにおい 吹き荒れる海風に帆を立てて港を出る 水平線のその先でまた会えるかな センチメンタルを引きずりメロディーは木霊する 快速が止まない僕はまるで韋駄天 深い森に潜む花を夢見て立ち上がる 沈む街並みを背中に僕は夜を駆ける

アーティスト情報

佐賀県在住3ピースバンド

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or