ハーバリウム

少年キッズボウイ
3
0

楽曲解説

★あらすじ 平成元年に起きた未解決事件「飽谷村大量虐殺事件」を調べる記者のもとに小包が届く。 それはホルマリン漬けにされた人間の指と一輪の黄色い花だった。 鬼才マルチーズ青木が現代社会にメスを入れるサイコスリラーサスペンス。

歌詞

作詞:おれ

作曲:おれ

秘密基地にあった 古いポルノ雑誌のページめくってさ 色褪せたルージュと地球の裏側 覗き込むのさ 羽なんか無いのに飛べそうな日だよ 微生物は跳ねる 優しくないけど淋しくないけど 涙が出るのさ 校庭で拾った 光る石を集めてさ 帰り際 ずっと病室の君に 見せたかったのに 街が騒ぐころ 閉め切った窓の灯りが消えてさ 誰が悪いんだろ 悲しくないけど死にたくなるのさ 光線銃持った 悪い敵を倒すのさ 夕暮れの怪物が 手を引いてった 君を奪えたらいいのにな バス停で通り雨が 過ぎるのを待っていた 盗んだ黄色い花を 大切に胸に抱えてさ 憶えてるんでしょ? ハーバリウム

アーティスト情報

特盛り頼んどいて残しちゃう。わんぱく集団『少年キッズボウイ』です!

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or