歌詞

作詞:アオキコーシ

作曲:アオキコーシ

退屈な夜の海 海月の針に触れた 小惑星 裏山に堕ちて ぼくを呼んでた 太陽が消えた午後 降り出す魚の群れ 廃校舎 揺れるカーテンの 影に潜む 暗闇が怖いのかい? 打ち上げられた路面 乾涸びたぼくら ああ、九月の海に飛び込んで はしゃいでいた ああ、時間が止まってしまえばって 言えないな 台風の過ぎた朝 窓辺に秋が吹いた 海面で化石になるまで ただ浮かんでた ああ、歴史はぼくを通り越して はしゃいでいた ああ、時間が止まってしまえばって 言えないな

アーティスト情報

特盛り頼んどいて残しちゃう。わんぱく集団『少年キッズボウイ』です!

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or