source
私こそ、ごめんね

すべてのアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ
新しい音楽プラットフォーム。