道端

The Highways
9
3
0

歌詞

作詞:徳永優介

作曲:徳永優介

ほら目の端で渦巻いてる そうだ人々の感情だ 咲いていた花も何処かへ消えていった いつものように風に逆らって 言葉をずっと抱き締めていては 底なしの記憶の亡霊 握りしめた日々の欠片は道端に捨ててゆくんだ 空を駆ける運命が流されるのが見える 今日は少し違う景色が見たかったんだ 風に飛び乗って 君が言う 明日は何処にあるんだろう それを聞く 僕は君にこう言うんだ そんなものは捨ててゆけ道端に捨てるんだ そんなものは捨ててゆけ道端に捨てるんだ 捨ててゆけ・・・ そして行くんだ

アーティスト情報

自分たちの本当を歌い続ける、魂のスリーピースロックバンド。主に60's〜80'sのUKロックや90's邦ロックの流れを汲んだ、メロディと詞を大事にした芯のあるサウンドが特徴

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or