オーロラ

JINGU
29
0
0

楽曲解説

オーロラソースを見てたら浮かんだ曲。春になって卒業の刻が来ても、誰もが悲しみを乗り越えられるよ~的な。 オリジナルアルバム「あの日、君と...」 各配信サイトにて販売中! https://linkco.re/QDBC6P7b

歌詞

作詞:JINGU

作曲:JINGU

ねえオーロラ 白い花が降る 日毎冷たくなる 風が窓を揺らす 冬の夜空に 星座が瞬いて 秋の色彩が グレーに変わる そっと路傍の粒を 抱えてみるけど 手のひら小さな記憶が 浮かんで消えた 舞い散る雪に 涙を重ねて 灰色に塗られた 空を見上げた 溶けて消えた日は 戻らないけれど 新しい日々が 塗り替えてくれる きっと誰もが 歩き出せるよ ねえオーロラ 鈴の音が響いて 街に小さな灯が 一つ浮かぶ 誰かに飾られた 葉が落ちた木々が 永遠などない事を 日々に刻んだ 舞い散る雪に 涙を重ねて 儚い鐘の音に 耳を澄ませば 未来の行方は分からないけれど 七色の明日が 迎えてくれる きっと誰もが歩き出せるよ オーロラ 春が来て 君が卒業したとしても また来年の冬も 僕を見ていてくれるよね オーロラ...

アーティスト情報

横浜生まれのシケガーソングライター。のんびりやってます。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or