アメンボ【MV】

ユメジャナイズ
3
0
0

楽曲解説

※アメンボは空を飛びません。

歌詞

作詞:ヨシナガヒビキ

作曲:サイトウシゲハル

夕日に照らされた君の横顔を僕は横目で見ながら歩いています 無慈悲に流れ続けるこの時間よ どうか僕等の歩調に合わせてくれないか 永遠なんてものはないから 限りあるこの時間を二人で生きる アメンボが空を飛ぶ頃に 僕は君と笑いながら 二人で歩くこの道がいつもより いつもよりも 優しく見えたんだ 窮屈すぎる理屈に縛られたって自分が動かなきゃ何も始まらない 幸せなんてものは曖昧なものだから ハッキリ見えるものだけが全てじゃないだろ お先なんて皆真っ暗さ だけどそいつの何がいけないんだ アメンボが空を飛ぶように 僕も靴紐結んでいこう オレンジに染まるこの道を 春も夏も秋も冬も君と歩きたい そんなことを今日も僕は思いながらこの道を独りで歩いています。

アーティスト情報

Vo.ヨシナガヒビキ Gt.サイトウシゲハル 期間限定21歳児達の哀れなパンクユニット「ユメジャナイズ」です!よろしくお願いします!

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or