scene

kanata
46
2
0

歌詞

作詞:中津龍一郎

作曲:kanata

8月の快晴を思い出して くだらない話をしてみたり 意味のないような時間を過ごして 薄れてく今日を生きている 無感情な生活が過ぎて いくつか歳だけかさねたようだ 歪んでいく明け方の僕を 見えない不安感が揺らしている 意味のないような日々を消して 君は遠く進めるか 意味のないような日々の価値観に 僕は全て賭けていいよ 風に溶けていく 忘れてく感傷を見つめたって 生まれた隙間は消えないし いつの日か生活は変わりきって 人知れず今日を生きている 無感情な生活が過ぎて いくつか歳だけかさねたようだ 歪んでいく明け方の僕を 見えない不安感が揺らしている 意味のないような日々を消して 君は遠く進めるか 意味のないような日々の価値観に 僕は全て賭けていいよ 風に溶けていく

アーティスト情報

東京 下北沢を中心に活動するオルタナティヴロックバンド gt.vo.Ryuichiro Nakatsu gt.Ryo Hiroyama ba.Toru Murayama dr.Robert Ken Tennell

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or