歌詞

作詞:角谷亮

作曲:角谷亮

今日は世界で一番嫌いな人に会ったよ ああこの空の感情で 隠してみたって全てを見透かされているような この不安な世界で 自分の物にしたいと思うのは悪いことなの? 雨音に耳を澄ませた もう君だけがいない街で 鼻の先ぬるい雫が落ちて頬を伝って ひとときの夢に酔わせて 誰の元へ帰るのか 蝉しぐれに哀、切なさだけが響く夏 宵の空は藍、儚さだけが残る夜 子供のころ褒められたくて 覚えた電車の名前も 想い焦がれた人の名前も。もう... 雨音に耳を澄ませた もう君だけがいない街で ヒグラシの唄、鈍色の空よ戻っておくれ 絡まった糸がほどけた 鳥は森へ帰るのね 通り雨が相変わらずの匂い残す街 今も君は藍色の髪をなびかせて

アーティスト情報

ほんの少しでも惜しまれて終わりにできたらいいな

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or