セイ

朱眼マナツ
11
0
0

歌詞

作詞:朱眼マナツ

作曲:羊のピンク

気づけばもう3月は下旬になっていて 左耳に聞こえる木琴の音にも胸は踊らない 変わりたいのに変われなくて 動きたいのに動けなくて 指をくわえて眺めているだけの成功も 手にしたら欠如する感情があるのだろうか 決められた命にのせられて そこに自由意思がないなら 無駄な生!? 普通ってなんだってずっと願っているのに 新宿にばかり惹かれてしまうんだ 気づけばもう3月は下旬になっていて 左耳に聞こえる木琴の音にも胸は踊らない 変わりたいのに変われないなら 今ある余分捨ててしまおう 指をくわえて眺めているだけの成功も 手にするほどの意味はどこにあるのでしょうか 自分の居場所を探し続け そこに自由意志がないなら 無駄な生!? 普通ってなんだってずっと願っているのに 新宿にばかり惹かれてしまうけど 全て燃やして 今だけで 私の名前は 太陽に生きる 媚びる言葉 媚びる笑顔 私の正解は私だけのものだ 闇にばかり惹かれてしまうけど もっと「幸せ」でいても許して もっと世界は優しいのかも しれないね どう思う?貴方はさぁ

アーティスト情報

ソロアーティスト 作詞・作曲・映像制作

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or