今日とふたり

ran
207
0
0

楽曲解説

なんでもない日々の 尊さを歌いました。

歌詞

作詞:ran

作曲:ran

今日の夜は何食べよう? いつもと変わらない午後三時 卵まだ使えたっけ 私よりも家庭的な君 今日は夕日が奇麗だねって ふたり 手を繋いで空を見る 透き通る秋の風と 落ち葉を蹴る音 ゆらりゆらり 君の熱に包まれ どうか このまま 君の顔が近づいた おんなじ匂いがする そう言って私の髪を優しくすくった どこにも行かないで ずっとそばにいて 静かに寝息をたてる君の横で眠る なんか僕ら似てきたね あくびのタイミングも 笑い方も 君がいて 私がいて 他に何もいらない 好きを超える言葉があったらいいな なんてね 吹いた風に揺れた枯葉が 君の寝癖に舞い落ちてきて クシャクシャに笑った顔は 幸せを刻んで どこにも行かないよ ずっとここにいるよ 繋いだ手を離さぬように ぎゅっと握るだけ 暮れる空に 思いを馳せる 今日も二人で

アーティスト情報

1996

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or