街の照明、僕の照明

monoKatsumi
4
1
0

楽曲解説

「あなたを歌に」 あなたのための一曲を 〜シンガーソングライターチャレンジ〜 3曲目!! 沖縄県出身、現在東京で活動しているシンガーソングライターのmonoKatsumiです。 この企画は 知名度も何もない僕があなたに知ってもらうために、あなたに歌を届けるためにシンガーソングライターとしてチャレンジしてみようと思ったことから始まりました。 応募してくれた人、一人一人に話を聞いて、その人のために一曲を書くという企画です。 今回はノスタルジーをテーマに書きました。 懐かしい故郷の景色、匂い、昔の思い出を感じてください。

歌詞

作詞:monoKatsumi

作曲:monoKatsumi

突然降り出した雨は否応なく僕を濡らして あざ笑うかのように過ぎてった。 夕日が真っ赤に世界を照らして、なぜか無性に苦しくなった。 あの子は今どうしてるだろうか。 あいつは元気にしてるだろうか。 僕は今何をしているんだろうか。 アスファルトが雨を蹴散らした 匂いが、世界はまだあの頃のままだと教えてくれた。 のびた背丈も、張り付いたシワも、少し薄くなった髪も 僕が生きてきたこの日々の証明で いつか消えゆく自分への戒めだ。 時は流れ形を変え、残せるものなんてないが 今日も1日は終わって行く。 子供の頃に遊んだあのおもちゃは今はもうどこにも売ってなくて 今では店頭にはピカピカのハイテクおもちゃがずらり 寂れた商店街、その匂いも空気も 母に連れられた昔はあんなに嫌いだったのに なんだか落ち着くなんて思ってしまった。 気づけばもう僕もあの母より年上か。 右手に残った火傷の跡も、日に日に濃くなったヒゲも、 僕が生まれ生きてた証明で いずれ来る最後の日への予告だ。 時は流れ形を変えていったとしても 今日も変わらず1日が終わって、また朝が来る。 友と笑い合った日々はいつの日も僕を強くする あの子と過ごしたあの記憶は今だに僕を苦しめる。 あなたが注いだ愛情は、今もここに生きている。 生きて僕の子供達へと受け継がれて行く。 雨は僕を濡らすけれど、それすらも今を生きることの証明だ。

アーティスト情報

変幻自在のメロディーと心地よい歌声、 聴く人を支える様な、見守る様な歌詞、 沖縄県出身ロックでポップなシンガーソングライター

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or