ホタル花火

シキドロップ
3,723
13
3

歌詞

作詞:平牧 仁

作曲:平牧 仁

写真をスクロール ハッと火花が散った なんだか遠い夏 まるで祭のあと 小さなジャングルジム 大きな夢叫んで 何かから逃げるように はしゃいだ 馬鹿なあだ名つけて むせたビール まともな顔なんてない 集合写真 愛しき謎のすり傷 笑った僕ら 打ち上げ花火 哀しい夜を燃やして光る 生きた証の 火花はきっと 再会の場所を 導く蛍 心がいっぱいで 笹舟は沈むんだ その時 あの人あの歌 過去にした 自分の欠片を捨てて オールを漕げば 思い出によろめく 秋の風 もう一度逢えたら 当たり前に センスの良い呼び名で 乾杯しよう 叱ってよ 愛しき傷 泣いた僕ら 線香花火 傷ついてなお寄り添って光る ぶつかって落ちた 火花はきっと 再会を祈る 眠れる蛍 始まってしまえば なんて呆気ないエンド だから花火は嫌いだ 嫌いだ 携帯の消せない 君の残り火 あの日確かに 君が好きだった 笑った僕ら 打ち上げ花火 哀しい夜を燃やして光る 生きた証の 火花はきっと 再会の場所を 導く蛍 笑って泣いて 弾けて消えた 君との「出逢い」はホタル花火 生きた証の 眩しき火花 再会の場所を 哀しく燃やす

アーティスト情報

宇野悠人 (Vocal) 平牧仁 (Piano) 『巡る四季のように人生の様々な瞬間を彩る音楽』をテーマに、異色の経歴を持ったメンバー 2 人が出会い 2017 年結成。 郷愁 × 先鋭。懐かしささえ覚えるような普遍的な情景とストーリーをドラマチックに描く詞世界を、新世代の鋭い感性 で構築された美しい音空間の中で、時に優しく、時に激しくと表情を変え語るピアノと 3000 万人に後押しされた” 無二 のナチュラルボイス” が綴っていく。その儚くも眩い世界観は、多くの人の記憶にフラッシュバックする。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or