Teenage Love

SHiNSENGUMi
110
0
0

歌詞

作詞:雄飛

作曲:雄飛

あれから気づけば時は流れて 今は何もなかったかのように 君は見慣れないよそゆきの顔で 優しく微笑みかけた 出逢いは青臭いガキ同士 今でも思い出す毎年 愛だの恋だの なんてまだまだわからない遊び盛り あの頃の俺といったら リミッターがまるで無いから 恐らく相当心配かけた だけど楽しみいっぱいあげた 授業抜け出して2人して 駆け出して注目の的 校舎の裏 春うらら 後輩の間じゃ噂 ワンランク上の大人目指して 互いの理想、夢、話して 指切りして 卒業の日 さらば青春よ あれから気づけば時は流れて 今は何もなかったかのように 君は見慣れないよそゆきの顔で 優しく微笑みかけた それから何年かして 幾度となく大喧嘩して 多忙な日々 社会の荒波 現実は過酷 所詮まだ青く すれ違い 意地の張り合い 馴れ合いのまま分かり合えない 離れ離れ2つの心 甘えは止め旅立つところ 会わなくなってもその勇姿が 風の噂で耳に入れば それ糧にして俺もいつかは見返すんだって デカいステージに君をゲストに この唄を捧げてやろうとかって くさいこと考えたり あれから気づけば時は流れて 今は何もなかったかのように 君は見慣れないよそゆきの顔で 優しく微笑みかけた あてもなくフラつく週末の都会 人が半端ない ここは繁華街 颯爽と歩く君を見かけた また一段と磨きをかけた 制服姿の君はもう居ない 未来見据えた大人の女 声は掛けられない 今の俺じゃ あれから気づけば時は流れて 今は何もなかったかのように 君は見慣れないよそゆきの顔で 優しく微笑みかけた これからどんなに汚れて 愛が壊れてしまった世界でも 君は知らない誰かの隣で 優しく微笑みかけて

アーティスト情報

着物の男が歌い、 蟹がドラムを叩き、 黒子がベースを弾く、バンド。 SHiNSENGUMi(シンセングミ) 一度見たら忘れられないその姿と会場を巻き込むライブパフォーマンス。 ほぼ全楽曲サブスク配信中。 YouTubeでの動画企画にも力を入れ、ますますの躍進を図る。 そろそろ売れたいとずっと思っている。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or