yoru

Radicalism
372
9
0

歌詞

作詞:ヨシダ マサト

作曲:ヨシダ マサト

ずっと前から気づいていた 足を踏み外していることを 今日もその足を引き摺って 地を這う頭 アルコールに縫われている 昇る命などない 空を飛ぶ鳥もいずれ落ちる 汚い 吐きたい これも酔いの所為 煌々と光る月を食らう俺は夜だ 曖昧な影に突き刺す 刃が欲しい 煌々と光る星を流す君は夜だ 徘徊癖は治らない なら 踊るのだ 煌々と光る月を食らう俺は夜だ 曖昧な影に突き刺す 刃が欲しい いま 煌々と光る星を流す君は夜だ 後悔は止められないから 踊るよ 取り零した小さな命に向け歌う 紛れも無く只、これは俺の詩

アーティスト情報

「忘れたものを想い起こす瞬間を」 宮城県石巻市出身の4人組ギターロックバンド。 2011年、ボーカル令(ハル)を中心に結成。 何度かのメンバーチェンジを経て、2018年に現体制となる。 様々な情景を想起させる歌詞とキャッチーなメロディー、それに色を添える繊細かつ感情的なギターサウンドが心を穿つ。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or