にがものたち

緑茶太郎
1
0
0

楽曲解説

性懲りも無く性春。

歌詞

作詞:緑茶太郎

作曲:緑茶太郎

あの子はいつもの常連に体を売ってる 僕はと言えば週2回3回の自慰行為 溜まりに溜まった欲望をいざ解き放つのだ 僕らはこうして性懲りも無く賢者になる 涙ぐましい努力もむなしく 夢叶うのはほんの一握りだけ そびえる現実嫌気がさす だからどうだって話だけれど 本能で生きてるだけ素晴らしい 君は東京の闇の中で腰を振るだろう 忘れ難き恋敵の彼はどこへ行った? 奴、調子に乗ってたぶらかしてんじゃあるまいな? 磨きに磨いたその姿、今見せてくれてよ 着飾ろうたって無駄なのさ 痛い目を見るぜ 誰にも何も迷惑かけずに 自分のペースで生きてるだけさ さあ今立ち上がれ、にがものたちよ 独り虚しく天を仰いでは 内なる声に耳傾けて 愛を求めて三千里、滑走路はどこ?

アーティスト情報

神奈川県横浜市在住の大学生。地域は違うがEBiDAN OSAKAの大西翼くんを応援。音楽の趣味は日本のポップスやロックからK-POPまで多岐にわたる。YouTube(https://t.co/ftd6goHvqY)とインスタ(@tsubanishi1215)もよしなにお願いしたい

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or