Gift

Celica Polka
43
3
0

楽曲解説

Celica Polkaの1作目になります。

歌詞

作詞:ウインディー

作曲:ウインディー

流れてく人波の真ん中で 見上げた空はとても澄んだ銀色 そっと手を入れたボロボロの鞄には 掴める物がもうなくて あの時差し出した 最後のブロートを手に取ったあの人は 涙拭いて笑って 今でもこの街にいるのかな あの日の苦しさが思い出に変わって 明日への希望になれば それだけでお腹いっぱい 首筋を撫でていく北風を 遮る物はもうなくて 公園のベンチで 白い息を吐いて震えてたあの人は ママがくれたドレスを 今でも大切に着てるかな 真冬の厳しさが温もりに変わって 明日への希望になれば それだけで胸がいっぱい この手からすべて無くなる事が こんな寂しいなんて 悴む両手組んでそっと目を閉じたら 星空に願う 心の底から溢れ出す涙が 幾つもの想いを抱いて 遠い遠い宇宙に届いたら 流れてく箒星に変わって みんなの幸せになれば それだけでお腹いっぱい 未来への希望になれば それだけで胸がいっぱい

アーティスト情報

のんびり曲を作っています。 メンバー ボーカル:さりぃ。 キーボード:ウインディー

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or