灯火の唄

UtaKata
3,526
89
5

歌詞

作詞:UtaKata

作曲:斎藤響

心地いい風に 吹かれた午後6時最寄り駅 僕を取り残して 暮れていく 人混みの中に イヤホンから垂れ流す あの日の思い出は モノクロな日々に色を注いでった 空虚に溺れたその記憶さえ 今では 懐かしくて 胸を染めてったその曲に 重ねる人は変わるんだろう ただ 「いつかまたね」も「会いにゆくよ」も 追憶の糸を辿るように   思い出してゆく 19になった日 少し振り返りたくなった 去年の僕が託す 期待が少し重くてさ あの日の夕暮れ 行きなれた街並み 染み付いては消えない 過去の思い出達は ただ愛しくて 手を伸ばしても 今はもう 触れないや 夢を失った 僕は今 振り回された 喧騒の中 ただ 泣いていた 泣いていた 10代のあの日の夜にはもう戻れない 「誰かが認めてくれればよかった」 そんな時代(とき)が僕らにはあってさ 「何で 何で」ってずっと抱え込んだ いつかの苦悩も 失恋も 坂道も 忘れないまま大人になってく それでもいいか 「またいつか」 「またいつか」 「この場所で」 「この場所で」 「またいつか」 「またいつか」 「また会う日まで」  (零れ落ちた雫の中あの日の記憶反射して 懐かしさ、くすぐったさを残してった気がしたんだ 「忘れられはしない」なんて言い訳にしか聞こえないよ 僕はきっと気づいてんだ縋り付いて離さないんだ 言葉にはできないけどそこにあるって知っていた 夕焼けに染まりたくて走り出した僕に 「いつかまた」) 胸を染めてったあの曲に 重ねる僕は変わるんだろう ただ「いつかまたね」も「会いにゆくよ」も 確かめるために今はまだ 眠らせとくよ ああ またいつか 次は僕が ただ まっすぐに まっすぐに 「この唄を聴く誰かが変われますように」 「変われますように」 歌う “灯火の唄”

アーティスト情報

オルタナティブロックバンド。 儚さと激情を描きます。 Vo.&Ba. こーだい @kodaihosei Gt. はると @yasuyasssssss Dr. ひびき @drumsotias3110

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or