小田急ラヴ・スコール

submarine dog
188
3
0

楽曲解説

2nd Album「ラヴ・スコールがやまない」収録曲

歌詞

作詞:岩本滉平

作曲:岩本滉平

何ともない平日の帰り道 小田急線快速で下る サラリーと競争(きそ)うように それは多分登戸あたりだった 小さな君を一目見てからは 雷が落ちたようだ 車窓(まど)の向こう側がパラレル・ワールドなら もう一人の僕はどうしていたんだろう? この気持ちに正直に生きれるなら 君に想いを伝えたいけど この青空に浮かぶ入道雲から ラヴ・スコールが降り止まない 昔付き合ってた娘に似てる顔 ほら急にドキドキが止まない 隣で時間を止めてくれ「STOP!」 お腹が空いたのも忘れて夢中になってた あの頃も遠い記憶 あんまり覚えてないや もしも降車駅が 同じところなら 「コーヒーでもどう?」声かけてみよう この気持ちが常識に逆らうなら 君を奪い去りたいけど この青空に浮かぶ入道雲から ラヴ・スコールが降り止まない 車窓(まど)の向こう側がパラレル・ワールドなら もう一人の僕に 責め立てられそうだ 目蓋の裏側に 君をイメージして 青い列車よ 今日も期待乗せて走れ この気持ちに正直に生きれるなら 君に想いを伝えたいけど この青空に浮かぶ入道雲から ラヴ・スコールが降り止まない この気持ちが常識に逆らうなら 君を奪い去りたいけど この青空に浮かぶ入道雲から ラヴ・スコールが降り止まない そして I say good-bye to you in my heart ラヴ・スコールはまだやまない

アーティスト情報

東京都カントリーロックバンド “サブマリンドッグ”愛称はサブマ!

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or