晩夏に雨止みを捧ぐ

今﨑ソラ
96
2
0

歌詞

作詞:今﨑ソラ

作曲:今﨑ソラ

「ごめんね」と泣く声が 周章てて肩を叩く 夏の終わりの雨は 激しく儚く待つ 貴女を 鉛色の言葉と漂う浅はかさが 貴女を通り過ぎて ひたすら離れてく距離 お前がそこで奪われた何かは 僕の何もかもだったし そこで守れなかった春は 貴女が失って嘆いている今だ 雨止み 夏は終わる 君の後ろ姿を思い出す 夏の風はまた吹いてる 差した可惜夜の光の先に 僕は待っているよ ずっと待っているよ 正直苦しかったよ 嘘みたいな汚い事も言ったよ 貴女は綺麗だった それだけ本当だったから 僕は叫ぶよこの雨の下で 貴女の本当も知らないことですらも どうでもいいことしかこの世にないから 貴女がそこで泣いていることを 世界は許していない いつか時が柔く優しくなるなら それでいいだろう 君の後ろ姿を思い出す 夏の終わり約束すら 僕が少し早く迎えに行くから 息は止めないで 息は止めないで

アーティスト情報

滋賀県で音楽してます。 オルタナティブと貴女と僕の街と。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or