全てを許したら

magenta
0
0

歌詞

作詞:塙 実保

作曲:magenta

あの日は雨が降って 二人はひとつの傘の下 「平気だよ」って傾けた あなたの肩は濡れていた こぼれた涙は頬をつたって あなたに会いたくなる どうして「それでも」と 何度もくれた愛を 温かい手を振り払ったの ひどい嘘も 独りにさせた夜も 全てを許したら またあなたを 見つめてもいいのかな 零れた声が どんなに弱くて 小さいものだとしても こうしていつでも優しく拾い上げて ずっと繋ぎ止めてくれてたの 強い想いを 本当の言葉を 全てを言えたなら またあなたを 見つめてもいいのかな

アーティスト情報

L⇔R 渡部 恭子(Bass) 塙 実保(Vocal&Piano) 柳橋 洸介(Drums) 茨城県水戸市出身。感傷的な心に寄り添う、スペクタクルピアノバンド。 magenta(マゼンタ)は2009年に結成後、翌年解散。復活やメンバーの一時脱退などの期間を経て、2015年にオリジナルメンバーで完全活動再開。2019年1月からは全曲一新しての活動を始める。ギターレスのスリーピースバンドでありながら、ライブでの圧倒的な世界観と感情に入り込む切ない音と歌詞を武器に地元水戸、都内を中心に活動中。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or