残る跡、揺れる日々

the scented
2
0

楽曲解説

抽象的な言葉と特徴的な声で「記憶に残る」をコンセプトに活動する、the scentedの二作目。 シンプルかつ空間的なバンドサウンドで、身近にありながらも遠くに感じられる日々の劣等を描く。

歌詞

作詞:the scented

作曲:the scented

再三再四深く揺れて消える 君は今どこへ登っていくのか 何も変わらずに進む空模様 誰にも届かないようにと、そう願う 君が苦しむなら 僕も苦しむから 靴擦れが痛い  まるで君の傷のよう ひたすら隠し続け 誰にも気づかれないように そっと濡らして ゆらりゆらり揺れていた 君の長い髪がずっと するりするり抜けてく 言葉はもう信じない 黄昏に唄う、日々は暮れる 記憶を辿り過ぎたんだ もう戻れない それなりの意味と それなりの愛を 確かに君はくれた それだけでいいと それだけでいいと 僕はただそう願った ゆらりゆらり揺れていた 君の長い髪がずっと するりするり抜けていく 君の香りだけが ゆらりゆらり揺れていた 君の長い髪がずっと するりするり抜けていく 君の香りだけが僕の手の中に残るのさ 残るのさ

アーティスト情報

空間的残響と日々の摩擦により生まれた言葉を駆使し、scent=匂い=記憶 に残る、音と声を武器に東京で2021年1月より活動開始。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or