僕の目に映るもの

小倉悠吾
668
3
0

楽曲解説

現代のバンドシーンからインスパイアされたテンポ感とギターロック感に、 今の小倉悠吾の哲学を乗せたギターロックナンバー。 日々、挫折、葛藤を繰り返す中で、 未来の自分をどう見出すかを解いた人生ソング。 ASKAがブログで紹介し話題となったMV「全てが崩れ去った後に」がタイトルのニューアルバムに収録。 京都のユニットふらっと♭に楽曲提供した曲をセルフカバーした楽曲でもある。

歌詞

作詞:小倉悠吾

作曲:小倉悠吾

僕の目に映るもの 作詞、作曲:小倉悠吾 不確かなものを見ている いつだって僕は夢を見ているのさ 安定が羨ましくはない それでも自分の道がぼやけてしまうとき Though people say "A picture is worth a thousand words" I can not realize what I can not imagine Why don’t you just go ahead? 羽ばたくように僕の目に映るものは そう誰も止めることの出来ない 胸の羅針盤に従う 羽ばたけるのさ僕の空の中でいつも そう誰も止めることの出来ない 胸の羅針盤は止まらないさ だいたい僕は普通の人で 他人の才能ばかり目についてしまう そういう時に限ってうまく行かないもんだなと 卑下していたとき I know you are brokenhearted,but I (can) assure you that you'll get over it soon Hang in there There is no meaning to live without a dream Though people say "A picture is worth a thousand words" I can not realize what I can not imagine Why don’t you just go ahead? 羽ばたくように僕の目に映るものは そう誰も止めることの出来ない 胸の羅針盤に従う 羽ばたけるのさ僕の空の中でいつも そう誰も止めることの出来ない 胸の羅針盤は止まらないさ まだ見ぬ未来を見ることは出来るいつも タイムトラベラーになって行こうぜ 胸の羅針盤に従ってゆく イメージした未来を掴みにゆく

アーティスト情報

京都在住のシンガーソングライター。歌唱、オリジナル曲は聴く人を魅了プロミュージシャンからも支持されている。 レコーディングのほとんどを自身で行うクリエイター系シンガーソングライター。 2018年5月20日ロームシアター京都にてソロ活動5周年&アルバム「ハイウェイ」レコ発ホールワンマンライブを開催。 2019年5月3〜6日京都周遊フェス実行委員会メンバーとして岡崎公園、京都駅にて開催。 6月30日同日ロームシアター京都 野外広場にてアルバム「全てが崩れ去った後に」レコ発野外無料"一人遊び"ワンマンライブを開催、過去最高の300人を動員。一人でステージに立ち、パソコン、エレキ、アコギを使ったパフォーマンスで魅了した。 「全てが崩れ去った後に」MV公開した翌日、ASKAが「小倉悠吾」というタイトルのブログを更新し絶賛、話題となる。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or