嘘月

おと.
6
0

歌詞

作詞:おと.

作曲:おと.

君の背中 揺れる肩 僕のつけた傷を  月が照らす 繋いでいた 手の温もりは 冷めずにいまだに 僕を温めた “本当はずっと隣に居て欲しい”って 悲しくって 虚しくって 言えなかった 君の前で泣けるほど 素直じゃなくて 弱っちくって ちっこくって 臆病な僕 君の言葉 揺れる気持ち 僕の決めた未来が 涙で沈んでいく 泣きじゃくる君の声が僕の心を突き破る 泣きじゃくる君の顔が僕の視界を奪ったんだ どうして、どうして、どうして どうしてって、今更聞けないや “本当はずっと隣に居て欲しい”って 悲しくって 虚しくって 言えなかった 君の前で泣けるほど 素直じゃなくて 弱っちくって ちっこくって 臆病な僕 君の嘘と 僕の嘘 重なり合う 夜 涙に映る月が 綺麗だった

アーティスト情報

2000年生まれ 2017年1月からライブ活動を開始 2019年、ティーネイジサイタマ2019にてグランプリ獲得。同年さいたまスーパーアリーナにて開催された"VIVA LA ROCK2019"に出演。 “孤独”に寄り添う人間であれるように。 音楽だけに留まらず活動中。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or