ライトソング

Lani
147
2
0

歌詞

作詞:陣野柊平

作曲:陣野柊平

誰もいない国道を一人歩く深夜三時 コンビニのあかりに、虫のように吸い寄せられた お釣りの計算間違えて、無駄に増えた小銭が レジのお兄さんとの気まずさを さらに増したんだ 明かりを背に また暗闇へ 遠くで聞こえる歌は誰が歌っているんだろうな 明かりを手に小さな世界へ なんの曲聞こうかなって たった5分の道のりで考えている僕がいるんだ 誰もいない僕の部屋の消し忘れたストーブが僕に温もりをくれる 1人で過ごす時間は大好きだったはずなのに どうしてもこんなに 誰かの声が聞きたくて 誰かの歌を聞いている 自分で歌ってるだけじゃ なんでか ダメなんだ 明かりを背に また暗闇へ 近くで聞こえる歌は誰が歌ってくれるんだろうな 明かりを目に まだ探している 僕の声じゃダメだ そんなこと考えてずっと曲を考えている 僕がいるんだ 窓の外 灯がともってなくても 鳴り止まないギターと 僕の声があればいいなと思ってくれるあなたに 明かりを背に目と目を合わせて あなたに聞こえる歌が僕の歌だったらいいのに 明かりを浴びて 僕がステージの上で 誰かに届けたい歌を僕ら 共に歌ってる 明かりを目に浮かべた人を頭に あなたに伝えたい歌を 僕がずっと歌ってる ずっと歌っていく

アーティスト情報

「すべてはあの頃の君へ」 日常に佇む後悔や葛藤、喪失を情熱的に歌い上げる 東京都渋谷区 98年 スリーピースバンド

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or