たとえ話

ミウ
3,156
56
2

歌詞

作詞:ミウ

作曲:ミウ

まだぎこちない春が夏へと急ぐ 温度を感じて気の無いふりを続ける あの綺麗に彩られた景色にあたしは見劣りしてる だからだから隣を降りたのです 良かれと思ってたから 互いの余分を食べあって煩い街を眺めよう そしてまたおんなじ愛を語り合ってさ たとえ話これはたとえばのお話 気づかれないように後ろ姿を 写真に収めるの きっといつかまたあなたの前に立って 笑顔を収めるまで 互いの余分を食べあって煩い街を眺めよう そしてまたおんなじ愛を語り合ってさ 別れ話別れ話は取り消してくれないか 互いの傷を舐めあって 胸を貸し合おうよ そして最果てまで愛し合おう 最後はねこれが結果 わかってたのはあなたもでしょう 互いの余分を食べあって 煩い街を眺めよう そしてまたおんなじ愛を語り合ってさ 笑い話これはいつの日かの笑い話 たとえ話これはたとえばのお話 あの綺麗に彩られた景色にまだ見劣りしてる? それはそれはヒーローみたいなあなたが

アーティスト情報

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or