6月の花言葉

美稀
1,973
32
7

歌詞

作詞:美稀

作曲:美稀

『6月の花言葉』 伸びっぱなしの髭を撫でて くたびれたジャケットをいつも羽織って 気だるそうに左手で煙草を吸って吐いて そんなあなたにほんと夢中だった 顔に似合わず花が好きで 色んなことを知っていた あなたと居るといつもより 狡く賢くなれた気がした 6月の花言葉 あなたは沢山教えてくれた 6月の雨音に 紛れる様にそっと消えた あなたが居なくなったあの日から そのままになった灰皿と吸い殻 湿った空気と混ざって目に染みて 滴るまぶたが綺麗だと思った あなたに出会っていなければ 毎朝見かける水色の紫陽花 意味があるなど知らず 通り過ぎていただろう 溢れ出す言葉の海で 探しているのサヨナラの代わり 忘れたくなんてないよ 忘れないでずっと あなたの中で私も眠らせて欲しくて 6月の花言葉 あなたは沢山教えてくれた 6月の雨音に 紛れる様にそっと消えた

アーティスト情報

歌う。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or