夏の終わり-Eggs edit.-

goodblue'
455
1
0

楽曲解説

大切だった時間、‬ ‪そして今もきっと大切なあの時間、‬ ‪僕らの町にまた冬の匂いが近づいて、‬ ‪いつかの夏を思い出す…‬ goodblue'が贈る、 ‪軽快に、そして切なく胸を締め付ける至極のロックナンバー。

歌詞

作詞:アメカズフミ

作曲:アメカズフミ

夏の終わり どうしようもなく眠れない夜に あの曲が僕を締め付ける 少しは大人になれたのかな 煙たゆたって幼い僕が写った 寄せては返す波の音 二人を酔わす泡の音 重ねた茹だるような熱も忘れ去ってしまうの? 夏の日、喧騒抜け出して 白い肌を焦がした 過ぎ去る時間の分より 君を愛していた あの夢は今ではもう 誰かが手にして アスファルトに零れた アイスの様に溶けて行った くだらないことだとわかっていたのに 傷付け合ってしまった二人 「大切だ」と抱きしめた部屋に 残った一人だけの熱 ただただ泣いた 泣き喚いた 子供のように叫んだ 戻らない時間の分だけ 君を夢見ていた 当たり前に焦がれていた 退屈な左手 あの日交わした誓いはもう アイスの様に溶けて行った 夏の日、そっと溶け出した 黒い瞳滲んだ 愛し合った僕ら最後に 初めて気付いた 今ならもうあの夢も 全てが一部で 夏の日、喧騒抜け出して 白い肌を焦がした 過ぎ去る時間の分より 君を愛していた あの夢は今ではもう 誰かが手にして アスファルトに零れたアイスの様に溶けて 夏の日確かに 不確かな心が溶けて行った

アーティスト情報

音楽が人の垣根を超えるのならば、 音楽もまた音楽の垣根を超えるべく。 2018年7月、 東京都立川市を拠点にそれぞれ別のバンドとして活動するメンバーにより結成されたプロジェクト。 goodblue'はバンド、音楽を超えたプロジェクトとして、 映像、グラフィック、アニメーション、演技、文章、ファッション、 また、芸術以外にも様々なコンテンツ・イベントとのコラボレーションを歓迎しています。 もちろん楽曲制作のご依頼なども大歓迎です。 ご依頼、コラボレーションについてなどはTwitterのDMやホームページのCONTACT、また下記メールアドレスなどから随時受け付けております。 Mail : goodblue.net@gmail.com [ goodblue' are... ] アメカズフミ | Vocal Guitar Feb. 15th, 1995 キラーしゅん | Drums May 11th, 1992 松原睦 | Guitar Aug. 29th, 1991

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or