HIGH&HIGH(DEMO)

姫野光太郎
2
0
0

楽曲解説

彼が19歳のときに制作した2曲入りの弾き語りDemo-Single曲(録音時は18歳)である「HIGH&HIGH」。こちらは表題曲。今までは彼自身が自主制したCDでしかその音源を聴くことができなかったが、今回Eggsにて急遽公開されることとなった。彼の十代の頃の歌声と少し荒削りな演奏からは若さからのエネルギッシュさが感じられる。

歌詞

作詞:姫野光太郎

作曲:姫野光太郎

ひとり悩んだあの頃に もしも戻れるなら 「これ以上苦しめないで」と 声に出して言えるのに 誰かがそばで歌ったんだ 「愛こそはすべて」だと 世間の人の言葉よりもそれを信じていたかった わがまま言うつもりはないけど 少し慰めて欲しいんだ 正気と狂気の狭間の中で 俺は苦悩を教わった 道行く人に尋ねても 答えはわからぬまま 満たされたいと願う気持ちに どこか似ている気がしてる 幼い俺に母さんは言った 「毎日を大事にね」って 過去を恐れる醜さを 心の底にしまって 甘えられる人はいないけど 愛すべき人はここにいた 特別なものはないけど ありふれた朝があった HIGH&HIGH 少しずつ ひねくれるのはキリのいいとこで

アーティスト情報

大阪出身、1999年生まれ。てんびん座、O型。14歳の頃から作曲・ギターを始め、18歳のときに初めてライブハウスに出演。19歳のときにデモシングル「HIGH&HIGH」を自主制作。主に関西圏(大阪、京都)で活動している。時代にそぐわない楽曲や、ゆるい性格とは正反対なギター弾き語りによる荒削りでパンキッシュな演奏が話題を呼んでいる。2021.3.24 1st Single「脈なし」配信リリース。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or