ベルベットラビット

キャラバン
66
1
0

歌詞

作詞:あま

作曲:あま

白い雪が舞う頃にはまだ 誰かの唄も聞こえないまま 通り過ぎる時間の中でさえ 悴んだ手に熱は伝う 鏡のように鼻先をつけては 笑いあった日を思い出す ダイナモの音 包まれた寄る辺に 近づいてはまた遠のいた 赤い目の中 全てが全てを映し出すように 雫と流れ出してあの場所へ 暖かった 温もりだけが ただ欲しかったあの夜に 君の名前を呼ぶ 夜を一人で越える頃には 朝になる しゃがみ込んだ弱虫は決して離れぬまま けれど君の足跡はいつまでも消えないままでいて 白い雪が笑う頃にはまだ 二人だけの灯を求めていた ふいに君の足がもつれだした 釣られて僕も蹴躓いた 同じ時間 同じ場所で過ごし 同じ毎日を繰り返す 鈍い音に怯えた体さえ 縮こまりながら俯いた どんな言葉が 胸の奥に佇んでいたのかな 何も知らぬまま平気で笑う 「僕はなんて愚かな奴だ」 「もう君は−–––––––」  君がくれた唄を僕は歌っているよ 今はここにはいない いつの日にか見えるかな 僕らの歩いた道が雪で埋もれてゆく前に ちゃんと言わなきゃね 「もう一度会えたならいつまでも消えないままでいてね」

アーティスト情報

バンドで活動中。よろしく。 Vo&Gt&Art(あま) Ba(@ponta_7329) Dr(@wima3310) HP工事中。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or