グラス

2
0
0

歌詞

作詞:大田誠師

作曲:大田誠師

きっと忘れてしまったものと 僕の恋した頬と言葉 冷たく冷やして棚に飾っても 忘れてしまうもの 忘れてゆくもの 今なお 人を傷つけても尚 生きる意味があるのか 僕にはわからない 何も見えやしない 愛の意味へ人が集り しゃぶって吟味する 「私の青春…」主婦が子の手をひく 「私のあの人…」老婆が座りなおす 陽だまりの僕らは恋の微風 幸せになるもの 胸が囁くもの   ほら みろ 子どもの涎のように涙は落ちて 君は写真になった 求めたものとは離れた景色 泡ぶくと消えてった   忘れていたもの 褪せる事で活き すり減ることで暮らし そんな写真のような石鹸のようなものを たとえ馬鹿のように愛しても笑ってたもの 未だこども たまに子ども 今なお 人を傷つけても尚 生きる意味があるのか 僕にはわからない

アーティスト情報

◎hp→https://www.a9ta.net/ ◎YT→https://t.co/Kwtfxg3eiK ◎IG→https://t.co/cDfc5KQt8H ◎FB→https://t.co/UoL1qfkTlY

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or