箱の中の子猫気分 160117

ドクロバニー
2
0
0

楽曲解説

ドクロバニーのオリジナル曲です。

歌詞

作詞:フゥ

作曲:フゥ

濡れた捨て猫を拾った人が タオルとミルク内緒で用意して 公園の物置きのすみ 猫はそれを愛と知っていた 痩せた黒猫を拾った人が ぎゅって抱きしめて救いたいと こっから出たらダメだよと 猫はそれを愛と知っていた 箱の中の子猫気分 最初に見た君が好き 鳴いた声も届かない 回る回る世界見ていた 待っても待っても誰も来なくて 約束したからここに居なくちゃ  水溜りまでを這いずりながら もう限界もう頑張れないよ 干からび涙も出なくなってさ 気まぐれ誰かがめぐんだお水 これほど美味しいそれだけで 世界大好きになりました ねぇ これでいいんだ そう 『今ならもっと上手くやれる』なんて幻想! 箱の中の子猫気分 最初に見た君が好き いつかそれも忘れるよ やがて開いたドアの向こう 箱の中の子猫気分 誰も悪くないよ にゃあ 鳴いた声に鳴き返す 変わる変わる 世界は変わる

アーティスト情報

名古屋の六畳ロックバンド ギターボーカル: フゥ ベース&その他: ゲン

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or