ヘビースモーク

にしな
5,940
205
5

歌詞

作詞:にしな

作曲:にしな

銀色の灰皿に強く押し付け 新品のセブンスターまた手を伸ばして 君はヘビースモーカーやめられなくて 四角い箱が手放せない 綺麗なその声もしゃがれて 空っぽの煙をただ見つめて 彼女ができたらやめるって笑って 言葉が宙に舞った ヘビースモーク手持ち無沙汰ならば 両の手を私が握って拘束する ヘビースモークそれか深く吸い込んで 貴方色に私もなりたい 綺麗に並んだうちの一本を抜いて 私もって咥えて笑って見せて 子供はダメだって怒った その優しさが痛い ヘビースモーク口寂しいならば その口に私がちゅってして拘束する ヘビースモークそれか深く吸い込んで 貴方以上に体を蝕め 本当は分かってる 掴もうとしたら消えちゃうくらいの 煙みたいな 女にに貴方は依存する ヘビースモーク手持ち無沙汰ならば 両の手を私が握って拘束する ヘビースモークそれか深く吸い込んで 貴方色に私もなりたい ヘビースモーク口寂しいならば その口に私がちゅってして拘束する ヘビースモークそれか深く吸い込んで 貴方以上に体を蝕め

アーティスト情報

にしな。うたをつくってうたってる

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or