Zhar-ptitsa ジャール・プチーツァ

bloodless the war
19
0
0

楽曲解説

ロシアに昔からある伝承。またはその伝承に登場する光に包まれた鳥。 1834年にはこれを題材にしたロシアの童話「せむしの仔馬」や1910年にはストラヴィンスキーによるバレエ「火の鳥」が作られた。 日本語の「火の鳥」という言葉はこの伝承やストラヴィンスキーのバレエの和訳をしたときに誕生した。 ただし、ロシアの伝承に伝わる火の鳥は「火の鳥」という和訳であるが体が火に包まれた描写をされることは無い。光り輝く鳥である。 火の鳥と似たような伝承は世界各地に存在し、 西洋のフェニックスや東洋の鳳凰・朱雀などがある。これはほとんどが体に火を纏った描写がされることが多い。

歌詞

作詞:K-D2

作曲:K-D2

Lying down on the beach Drinking to our favorite vodka she is Rossian girl I fell in love Imagination without no matter is today as well Not to be swallow to a huge shadowed of 26 kids sing and hold a gun Hallelujah Hallelujah The war ended Nevertheless why is she make so much lonesomely yet Ring which it cannot escape when step once and go it

アーティスト情報

2018年2月結成、4月より本格的な活動をスタートと同時にZepp Nagoya公演他全36本の全国ツアーを2019年3月まで36本を完走。1964が2018年ラジオNIKKEI おとなのバンドで大賞にて優秀賞を受賞。無名でありながら独自の音楽性が認められ日露の親善大使としてロシアツアーに招待され5月からロシアツアーをスタート Formed in spring 2018, Bloodlessthewar spent its first year doing a 36 venue tour around Japan ending in March, 2019. They received an “Adult band” award from Radio NIKKEI for their song “1964.” Unlike other Japanese bands that play a lot of live clubs, they are a band that is flexible enough to play jazz festivals, rock festivals, international festivals and other events that cover several types of music styles. They start another Japan Tour with a performance at Biwako Jazz festival in the Kansai area on April 29, and will also have their first opportunity to play in Russia this May, doing two performances in the city of Ulyanovsk

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or