涙雨

ミウ
10,846
118
0

楽曲解説

鯖の水煮

歌詞

作詞:ミウ

作曲:ミウ

憂いを帯びた目で見つめる 視線の先には光が そんな顔見たことなかったな あの子に向けられた目はちがかった ずるいよそんなことくらい気づくよ いつも見ていたんだし 気づけよそんなことくらい気づけよ気づいてよ 雨上がり帰り道見たことない景色を 見つけて見つけて君に伝えたい この通り雨に君は濡れてないかな あの子が傘を持ってたっけな 出会った日は雨が降ってて 約束の日は雨だったな 思い出の日も雨が降ってて 別れたあの日は晴れてたっけな ずるいよだってだってだってさ ずるいよ優しい言葉も全部 消してよ記憶から綺麗にああ忘れられないじゃん 雨の後の独特な匂いと君が嫌い 雨上がり帰り道見たことない景色を 見つけて見つけて君に伝えたい この通り雨で君は濡れてしまえよって 嘘だよ嘘だよ嘘だよ 怖い怖い怖い夢にうなされても 痛い痛い痛い女に成り下がっても 傘をささないのは涙を隠すため 恋わずらい雨と一緒に流れてしまえ 梅雨の月みたいで 記憶も過去も雫が含んで流した水無月

アーティスト情報

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or