六畳一間とアンニュイ

終電で帰して
96
1
0

歌詞

作詞:角谷亮

作曲:角谷亮

目が覚めたら横にいて朝の音で飛び起きて 紐を結ぶ僕を待って君がドアノブを回して アイロンなんてもういいよそんな気にならないし遅れちゃうからさ そして今日の13時にはあれが届くから受け取っといてよ 出かけるときは郵便受けの中にカギを入れておいてね オートロックは最初に#を押して8863だよ 君の目に映るのは僕の何なんだろう 相変わらず僕の頭の中には音楽が鳴りやまない 全部全部全部全部全部失って負け犬みたいだね 全部全部全部全部全部失ってきたものばかりだ うだつが上がらない毎日で見えるのは相変わらずの景色です こんな狭い部屋で毎日ギターを弾いて夢の国を描いてる ずっとずっとずっとずっと探してたのは偽物みたいだね ずっとずっとずっとずっと前のあの日まで帰りたくなった 全部全部全部全部全部失って負け犬みたいだね 全部全部全部全部全部倍にしていつか返すから

アーティスト情報

ほんの少しでも惜しまれて終わりにできたらいいな

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or